ホーム > リハビリテーション病院 > 入院のご案内

入院のご案内

西宮協立リハビリテーション病院は、リハビリを専門とする回復期リハビリテーション病棟です。当院では、骨・神経の損傷によって動きが不自由になることを予防するため、急性期の治療後、速やかにリハビリテーションを開始し、麻痺の回復を促したり、廃用症候群(動かさないことによる弊害)の予防や日常生活への早期復帰を目的としたリハビリテーションを行います。



入院お手続き

入院のご相談は、総合支援課が窓口となっております。

まず、お電話でご相談ください。
患者さんの病状や経過、状態などをお伺いし、入院相談診察のご予約をお取りします。
※予約制となっております。

入院の可否については、入院判定会議にて決定し、後日ご連絡いたします。

入院相談に必要なもの

  • 紹介状
  • 検査データ
  • レントゲンフィルム(CD-R可)
  • 健康保険証、医療証

入院時の手続きに必要なもの

  • 印鑑
  • 各種保険証およびその他公費の医療証 (但し、交通事故・労災・第三者行為を除く)
  • 入院時保証金(退院時、ご精算時返金いたします)
  • 入院誓約書・その他の申込書(ご本人か、ご家族の方に記入していただきます)

※外来受診により、事前に診察券をお持ちの方は必ず持参し提出してください。提出がない場合は、実費(216円)がかかります。

入院時にご準備いただくもの

洗面・入浴用品、タオル、バスタオル、コップ、水筒、ティッシュペーパー、寝衣、トレーニングウェア(日常着)、下着、運動靴など

※入院セットのリースをご用意しており、又、日用品は売店の方で取り揃えております。

病室について

4人部屋および2人部屋があり、海側・山側などございますが、治療上の必要性や空室状況により当院にて決定させていただきます。(室料差額は無料)

※入院後におきましても治療上の必要により、止むを得ずお部屋の変更をお願いする場合もございますのでご了承ください。

病室の写真は施設のご案内へ

入院費用

  • 毎月末締めで計算し、翌月10日頃に明細書をお部屋にお届けいたします。
  • その都度、1階会計窓口にてご精算願います。(日・祝日は地下1階管理室にて可)
  • 窓口でのご精算は午前9時から午後4時30分までとなっております。
  • 領収書の再発行はいたしかねますので、大切に保管してください。
  • 会計のお問合せは、1階受付でお受けいたします。(平日9時~17時)

入院生活について

一日のスケジュール

  • 食事時間
    朝食:8時 昼食:12時 夕食:18時です。又、食前に配茶いたします。
  • 起床時間
    午前6時です。(冬期のみ6時30分) 規則正しい生活リズムをつくりましょう。
  • 消灯時間
    午後10時です。テレビ、照明などを消してゆっくりお休みください。

ご面会や付き添いについて

  • 面会時間
    原則として午後1時より午後8時までです。 上記の時間外で緊急なご用向きの場合は、随時スタッフステーションへご相談ください。
  • 家族の付き添いについて
    原則として不可となっております。

その他

  • テレビのご利用について
    各病室の備え付けテレビをイヤホンをご使用の上、ご利用ください。 イヤホンはご自宅で使用されているものでもご利用できます。
  • 洗濯について
    地下1階に自動洗濯機および乾燥機をご用意いたしております。
  • 病衣について
    病衣はございません。寝巻き、パジャマをお持ち込みいただくか、リースをご利用ください。
  • 防災について
    入院時には必ず非常口、階段の位置をご確認ください。地震、火災などの非常事態が発生したときは非常ベルが鳴ります。院内放送に注意して看護師、医師、その他職員の誘導に従ってください。 又、火気類、危険物などの持ち込みは厳禁とさせていただきます。

入院中のリハビリテーションについて

当院では、担当療法士の訓練とともに、看護師による病棟生活内において、訓練の成果を引き出すように関わってまいります。これにより、自立した生活をより早い時期から送れるようになり、ご家族の介助量も軽減することが可能となります。

入院中のリハビリテーションについて

入院から退院までの流れ

図:入院から退院までの流れ

ページの先頭へ

メニューを閉じる