理念・概要

西宮協立リハビリテーション病院の理念

ふたたび自分らしく いきいきと暮らせるように

当院の基本方針

  1. チーム医療
    患者さま、ご家族と共に「より早く」「よりその人らしく」「より充実した生活」を目指します。
  2. 地域連携・リハビリテーション(保健・医療・福祉)
    患者さまが住み慣れた環境で生き生きとした生活が送れるよう支援します。
  3. 教育・研究
    リハビリテーション医療・看護・介護技術のより高いレベルを目指し、各専門職の教育・研究機構としての役割を担います。
  4. 心のふれあい
    コミュニケーションを通じて生まれる「信頼」「希望」「笑顔」を大切にします。

行動指針

  1. 現状に満足せず、自ら進んで質の高い仕事に取り組みます。
  2. 「患者・利用者がもし自分の家族だったら」の気持ちを大切にします。
  3. いつも見つめられていることを意識して、患者・利用者・ご家族のニーズに全力で応えていく姿勢を持ちます。
  4. 失敗を恐れず、成功に自惚れず、過去の教訓から学び、求められる自分の役割を自ら考え、常に前向きに夢と希望を持って行動します。
  5. 当事者意識を持って疑問を適宜質問し、積極的な提言も必要に応じて行い、決定事項には自らの責任を明確にして、遂行に最善を尽くします。
  6. 社会全体や医療・福祉業界の流れを常に把握・先取りし、明日を考えた行動と姿勢づくりに努めます。
  7. 笑顔でのコミュニケーションを忘れず、幅広く連携を図ります。
  8. 部門・所属にとらわれず、職員全てで意見を交換し合い、常に施設のサービス向上に協力し合います。
  9. やりがいのある高い目標にチャレンジし、努力を続け、そしてそれを実現する職員やチームを褒め称え、高い評価をおくります。
  10. 権限や責任を適切に与え、最終責任は自らがとります。
  11. 幅広い人脈形成に努め、仕事に生かす工夫をします。
  12. 社会の規範・常識を踏まえ、法人内の規則に従って行動します。

ページの先頭へ

メニューを閉じる