看護部

西宮協立リハビリテーション病院 看護理念

  • 患者さまが「その人らしく生きる」という目標に進めるように共通の価値観を持ち、寄り添う看護・介護を提供いたします。
  • 患者さま・ご家族と「共に悩み」「共に考え」「待つ看護」を実践いたします。

看護部長ごあいさつ

写真:部長 寺岡 由佳里
部長 寺岡 由佳里

回復期リハビリ病棟では、多職種の協働により患者さんやご家族を支援し、「その人らしく生き生きと暮らしていただける」よう充実したチーム医療を目指しています。
リハビリ看護の目標である「生活の再構築」ができるよう、患者さん中心のチームアプローチを行っています。他職種と共通の目標に向かいながら、専門的知識や実践を積み重ねることで、スタッフそれぞれが、専門職として、また人間として成長し合える環境になっています。

回復期リハ病棟での看護師の役割

  • 環境適応への援助
  • 健康障がいに関わる管理と指導
  • ADL自立への援助(日常生活動作)
  • 障がいを受け入れていく過程への援助
  • 家族指導
  • 在宅生活適応への援助

看護部ページヘ

ページの先頭へ

メニューを閉じる