ホーム > 訪問看護センター > ご利用案内 > 訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション

セラピストの思い

訪問リハビリテーションの目的は、本人・家族が望む生活の質の向上です。

年齢を重ねると足元がふらついたり、ご飯が飲み込みにくくなります。
脳梗塞や骨折などの病気になると、より普段の生活ができなくなります。
入院中は動くことができたけれど、家に帰るとできないと感じることがあります。

今まで慣れ親しんだ生活が変わります。
私たちはその暮らしをサポートします。

足元がふらついても安心した生活ができるように。
ご飯が飲み込みにくくなっても、安心した食事ができるように。
病気になって家に帰ってきても、安心した暮らしができるように。

在宅リハビリテーションを通して、安心した在宅生活が送れるように支援していければと思っておりますので、今後ともよろしくお願い致します。

訪問リハビリテーションの一例

課題1 転倒への不安があり外食できないおしゃれが楽しめない

  • 杖で歩くことは出来ているが、自宅周辺は坂道や階段が多く、つまづくこともあるので、外での食事が楽しめない
  • 装具が目立ち、TPOをわきまえた服装を選ぶことが出来ない
写真:理学療法士によるリハビリテーションの内容

【理学療法士によるリハビリテーションの内容】

  • 実際の環境で、介助を行わずに歩けるように繰り返し練習を行う
  • つまづいても転倒しないようにバランス練習などの基本的な動作練習
  • 義肢装具士さんとも相談し、普通の靴を履けるように装具を金属支柱からカーボン式の短下肢装具へと変更した

【リハビリテーションの効果】

1人でタクシーに乗って、転倒の不安なく外で食事を楽しめるようになった


課題2 1人でトイレに行けない

  • 病院では伝い歩きができて1人で行っていたが、自宅の環境では難しく、トイレに誰かの介助無しでは行けない
  • ズボンの上げ下ろしが手伝ってもらわないとできない
写真:作業療法士によるリハビリテーションの内容

【作業療法士によるリハビリテーションの内容】

  • 福祉用具業者と連携してお身体の状態に合わせた歩行器を選定し、使用方法やご家族へ介助方法のアドバイスを行う
  • 起き上がりや立ち上がりなどの基本的な動作練習
  • 実際のトイレ場面に合わせた更衣や排泄の動作練習

【リハビリテーションの効果】

1人でトイレに行けるようになり、ご家族の介護負担が軽くなった


課題3 口から食べ物が食べられない呂律が回りにくい

写真:課題3 口から食べ物が食べられない呂律が回りにくい
  • 飲み込みの機能が障がいされ、食べ物や飲み物でムセてしまう
  • 口唇や舌が動きにくく、家族と上手くコミュニケーションが取れない
写真:言語聴覚士によるリハビリテーションの内容

【言語聴覚士によるリハビリテーションの内容】

  • 咀しゃくや飲み込みの練習を行い、本人さまやご家族へ食べ方や食事形態のアドバイスを行う
  • 口の運動や呼吸・発声練習を行う

食事のリハビリテーションについては、誤嚥性肺炎の危険性が伴う為、事前に評価が必要です(主治医の同意が必要な場合があります)。症状によっては訪問での練習ができない事もあります。

【リハビリテーションの効果】

食べることが楽しめるようになった

一日の流れ

写真:一日の流れ1
写真:一日の流れ2
  1. 8:30 出勤、着替えて訪問の準備!!
  2. 8:45 事務所のお掃除
  3. 8:50 全体ミーティング
    昨日や夜間時間帯の利用者さんの状態報告
  4. 9:15 1件目へ向けて出発
  5. 9:30 午前の訪問 約2件
  6. 12:15 お昼休み ランチミーティング
  7. 13:30 午後の訪問 約3件
  8. 帰社後 記録や報告・相談 ※1日4~5件を中心に訪問。また、記録やリハビリテーション手技の相談など、休み時間や空き時間を利用して各々行っています。 

ページの先頭へ

メニューを閉じる